• 2019年4月28日
  • 初級者向け
  • コース:中央本線茅野駅→(バス1時間)→北八ヶ岳ロープウェイ→(ロープウェイ5分)→北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅→(徒歩90分)→北横岳→北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅
  • 北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅標高:2,237m
  • 北横岳標高:2,480m
  • 獲得標高:2,480m – 2,237m = 243m
  • 登頂時間:1時間30分
  • 下山時間:1時間

アクセス方法

新宿から電車とバスで行けます。

新宿→(普通電車で4時間)→茅野

ただ、普通電車だとものすごい遅いので、僕は特急のあずさで行きました。

新宿→(あずさ1号で2時間7分)→茅野

特急券を買う場合は、えきねっとで予約すると便利です。

kitayokodake01

コンビニはあるの?

改札を出てすぐのところにNewDaysがあります。

ちょっと大きなコンビニに行きたくて地図を調べたら、東口に「デイリーヤマザキ」がありましたが、行ってみたら閉店していました。

結局NewDaysでパンやドリンクを買いました。

雪山なのでドリンクはそんなに要らないと思って、ドリンクは2本用意しました。

茅野駅から北八ヶ岳ロープウェイへ

西口②番乗り場です。運賃は片道1,250円です。

「北八ヶ岳ロープウェイ線」と「蓼科高原ラウンドバス」の二つの系列が運行しています。

しかしいずれも運行本数が少なく、「北八ヶ岳ロープウェイ線」は夏季と冬季で運行本数が異なります。さらに、「蓼科高原ラウンドバス」は冬季に完全運休ですので、行く前にホームページからバス時刻を調べることをオススメします。

アクセス信州:https://www.alpico.co.jp/access/suwa/

今回は茅野駅9時35分初のバスに乗りましたが、お客さんが非常に少なくスカスカでした。雪山に登る方はあまりいないのでしょうか。

北八ヶ岳ロープウェイで山頂駅へ

片道1,000円ですが、往復だと1,900円でした。

ロープウェイは通常20分間隔で運行しています。

11時少し前に着いたので、慌ててトイレを済ませてロープウェイに乗り込みました。

ロープウェイには初めて乗りましたが、本当にロープに吊るされていて、ゆらゆらしながら上っていました。

車窓から見える蓼科山です。

kitayokodake02

ロープウェイを降りてから分かったのですが、この日は20分間隔ではなく10分間隔で運行していました。乗客が多い時は10分間隔で運行するらしいので、早めに知ってたら慌てなくて済んだのにと思いました。

kitayokodake10
DSC_0289

坪庭から北横岳へ

坪庭について偶然空を見上げたら、奇跡が起きていました。なんと人生初環水平アークを見ることができたので、登る前からワクワクしてきました。

kitayokodake03

坪庭は雪が積もってなかったので、散策している方もたくさんいました。しかし、登山口に着いたら登山道が雪に埋まっていたので、ここからが本格雪山登山です。

kitayokodake04

雪山登山ではアイゼンが必須なので、これまた人生初アイゼンを付けました。しばらくアイゼンを付けないで歩いてみましたが、やっぱりものすごい滑るので、神経を使っていました。そして、アイゼンを付けたら今度はまったく滑らなくて楽だったので、アイゼンの有り難みが身にしみて分かりました。

kitayokodake05

登山開始から50分くらいかけて北横岳ヒュッテに着きました。今回は特に休憩も必要なかったので、スルーして山頂を目指します。

北横岳ヒュッテを通り過ぎてから、登山道の傾斜がだいぶ急になっていました。

kitayokodake06

こんな道を20分くらい登ると北横岳南峰です。

kitayokodake07

標高はほぼ同じですが、北峰の方が若干高いので山頂になっています。歩いて5分くらいで北峰に着きます。

北横岳から北八ヶ岳ロープウェイへ

標高2,400mになると木に積もった雪が溶けたり凍ったりして、神秘的な光景になっていました。

kitayokodake08

アイゼンを付けたまま岩場を歩くのに抵抗ありましたが、まあ仕方ないですね。

kitayokodake09

山頂から1時間かからず坪庭に戻りました。啄木鳥が立っている木に募金口があって募金できるらしいです。

八ヶ岳ロープウェイ

登る時は時間がなくて寄れなかったですが、八ヶ岳ロープウェイ駅にショップがあったり

レストランがあったり

テーブル席もありました。

帰り

バスで茅野駅に戻って、茅野ステーションホテルの温泉に入りました。

駅から徒歩2分のところにあって、アクセスも抜群です。

温泉と言いながら、実際はホテルの大浴場です。

僕が行った時は昼だったので、お客様がいなくて貸し切り状態でした。

そして、帰りももちろん特急です。

上り特急はだいぶ空いていて、席も選び放題で速いのでおすすめです。